レトロ家具が人気!中古の家具が生まれ変わるまで

レトロ家具が人気!中古の家具が生まれ変わるまで

>

息づかいのある家具

違った嗜好のもの

ビンテージな感じの印象が強い一方で、黄色やオレンジ色などのポップ調の色目のレトロ家具もあって、様々です。
チープでシンプルなカラーの具合やデザイン的な嗜好も、その時代を演出していて、レトロの映画やそのイメージにマッチしてインパクトがあり、取り入れたくなる人も多いです。
見かけることのない創造性に魅せられます。
レトロポップ等やレトロフューチャー等、部屋の印象をパッと変えてしまう存在感にあふれています。
カラフルな色調のレトロ家具にも憧れますね。
それに合わせて家じゅうをペイントばかりにしてハマってしまう人もいて、賃貸物件なのに大丈夫?と日本では心配になっても、本人はどうせ賃貸契約満了の際には原状復帰でしょと気楽な人もいます。

壁も珪藻土?

原点回帰が何か、さっぱりわからない理屈にはついてけない。
レトロな隠れ家的要素を重視するのも、何か意味があるのやら。
カラフルな織物を使ったソファやチェアや、いかにものプラスチックの照明器具やポップな感じのチェスト等も、調和させるとかわいらしさが強調されます。
空間デザインのアクセントになります。
WEBショップの工房等によっては木製レトロ家具などにレトロなカラーペイントを施したものを取り扱っていたり。
集めて販売している都内や郊外の雑貨店などもあります。
1960年代のアメリカの個性的な鮮やかな色合いのデザインのインテリアなどもよく合い素敵です。
独特のデザインの掛け合いで、新たなデザインのスタイルができるかも。
ノスタルジックかつ個性的な部屋を演出する楽しみを感じて下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る