レトロ家具が人気!中古の家具が生まれ変わるまで

レトロ家具が人気!中古の家具が生まれ変わるまで

>

相性の良いもの探し

ほっとして落ちつく

空間作りが結構大変で、まずはじめは部屋のイメージからあまり離れすぎない印象の物を選ぶことも大切です。
部屋の壁の色や柱の色や天井などと調和しそうなものから選びましょう。
白っぽい壁等は、何を置いても、どんな雰囲気にも変えられます。
レトロ家具はシンプルな木の風合いがたまらなくて引き立てる効果もあります。
無駄がなく日本家屋にマッチした小ささで、実用的に考えられています。
普段にも使える、動作のし易い家具であったという雰囲気が伝わってきます。
インテリアと実用性との両面で、大事にしたい家具でもあります。
木製のレトロ家具は、時間経過による明るい色合いのレトロ家具にもなったり、使い込まれてよく磨かれた艶のある深い色合いのレトロ家具もあって味わいがあります。

暮らしに馴染む家具

レトロなちゃぶ台は、何となくサザエさんな雰囲気。
家族全員で囲んで夕食を食べている姿は、それくらいしかイメージできない人もいるかもしれません。
今ではDVか、はたまたサイコパスかというところの、突然キレてひっくり返されるちゃぶ台もあったそうです。
ちゃぶ台からひっくり返された食事や器の片付けも、今はその本人の仕事で、ことの前にちゃんと片付けるぞと決心してから実行するのも、現代的。
それも含め昭和なレトロ家具のあった良き時代と思っている人は嫌われます。
比較的に安い値段で手に入ることも、レトロ家具の良いところです。
ちゃぶ台は食事をする時に使う座卓で、床に座ればその分天井までの空間は高く感じ、他のレトロ家具もローサイズであればワンルームでも部屋が広く感じる効果はあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る